派遣の求人から正社員へ

大学卒業と同時に新卒として企業の求人に採用され、

定年まで一つの会社で正社員を続けるという働き方は、

今では過去のものとなっています。

転職がタブーされる見解なども、もはや影を潜めています。

色々な会社で経験を積み、自身のスキルを高めて、

より待遇のいい求人を求めて転職をするという働き方は、

現代の社会においてはごく一般的なものになりつつあります。

そうはいっても、転職活動と正社員として働くことの2つを両立することは困難を伴います。

両者のバランスが取れず、転職はできなかったという人も存在しています。

求人会社などへの登録をするなどで、転職活動の負担を軽減できます。

これまでの経験やスキル、希望の仕事内容や年間収入に基づいて、

人材派遣会社が条件に合う求人を紹介し、面接までの段取りを整えてくれます。

紹介をした会社の人間と共に面接に行く場合もあります。

正社員になるための方法として、求人に応募するという方法の他に、

派遣社員から正社員になるというものがあります。

正社員を増やしたいという企業にとっても、正社員になりたいという応募者にとっても、

双方にとっていい話です。

会社にとってみれば、正社員として雇用しても問題ない人材かどうかを、

実際に働いてもらって確認できます。

働く側は、正社員として入った会社が雇用条件や仕事内容が大幅に違う等、

普通は働いてからでないと判らないことが派遣社員として働きながら知ることが出来る為安心です。

転職活動をしている人や正社員の求人を探している人は、

まず派遣に登録して働いてみるという選択肢もあるのかもしれません。

ネット上には派遣会社の噂がさまざま流れています。

もちろん実際に経験した人のお話もたくさんあるので、有用な情報を得るためにはただのゴシップと経験談の見極めが重要になってきます。

「良くないと聞いた」と書かれた会社でも登録して仕事も紹介されたが良かったと言っている人もいたりしてひとつの話を鵜呑みにするのは判断として賢くない気がします。

良い案件との出会いは運だけでなくコーディネーターとの面談等で好印象が得られるかもポイントなので担当者との相性も重要になってきそうです。

自分を売り込むために上手に書き上げたいのが履歴書。

派遣としての経歴はどのように書き記すべきなのでしょうか。

普通は登録会社と実際働いていた先の企業とを書きます。

就業先が複数なら期間を書いておくとわかりやすくなります。

数が多く煩雑な印象になりそうなら就業期間が長かったところやアピールに使えそうなところをピックアップして記述するのも良いでしょう。

経験の豊富さをアピールポイントとして使いたくなる場合もありますがしっかり読もうと思えば思うほどに大変な作業と化してしまいます。

わかりやすく伝わりやすいように書くことが一番重要です。

巷で噂の登録してはいけない会社について少し調べてみました。

第一によく挙げられているのはファーストコンタクトの場である登録会の心証が悪い会社です。

そこで仕事を紹介してもらうことになれば担当者とは嫌でも深く関わらなければなりません。

大事な仕事を紹介してもらうのに信用できなかったら困りますしトラブルでも起きたときにはフォローも期待できないかもしれません。

人材会社にとって必須のコミュニケーションを重視していれば人に対して配慮した行動がとれるものなのではないでしょうか。

安心して働ける場所を探したいですね。

派遣社員は正社員よりも待遇が悪いと想像してしまいがちですが条件を満たせば有給休暇ももらえます。

労働基準法による休暇以外にも少し多めにお休みがあるところもあるらしいのでお仕事をする際には確認しておくと安心かと思います。

このお休みは労働者の権利として決められているものですがまずは担当者に話し許可をとるところから始めなくてはいけないのでスケジュールには余裕をもって準備をしましょう。

またもちろん就業先の都合もありますので希望する日に必ず取得できるわけでもないようです。

人材派遣会社として名の通っているアデコ。

それぞれの会社がランク付けされているサイトでも常連となっています。

紹介された仕事の満足度が比較的高く続けて働きたいと考えるスタッフもたくさんおられるのだとか。

登録会社というのは数多く存在しますが異なる特長をそれぞれが持っています。

一例として全国に展開しているような大手であれば福利厚生も充実しており職種も幅広くカバーしていることが多いです。

大手資本を持っている会社であればその関連の企業へ率先して回してくれることもあるそうですよ。

登録する前に参考にしたい派遣会社の人気ランキング。

求めるものによって結果が変わってくるようです。

友人にも働くことを勧めたいところだと上位は大手のため基本がきちんとしていると評判のリクルートスタッフィングなど。

契約満了後もスタッフでいたい会社としては人材の質が高いと噂のアデコなどがありました。

それから就業先での仕事に関する満足度ではランスタッドやアデコなどの名前が見られました。

とはいっても感じ方は人それぞれなのでこれらもひとつの評価として参考にするくらいが良いと思います。

あるアンケート調査の結果では職場におけるいじめの相談割合は非正規社員の方がかなり多いそうです。

立場が違うので何かと言いにくいことがたくさんあり仕事のストレスを限界を超えるまでためこんでしまうようなことも多くあるとのことです。

また雇用が安定していないこともおそらく大きな心の負担となり得ます。

職を失う恐怖がつきまとうのは仕方のないことですが体をこわしてしまっては元も子もありません。

まわりの信頼できる人に頼ったり専門の窓口に相談したりして自分を助けてあげましょう。

インターネットが普及したことで仕事を探すことがより手軽になりました。

今はさらにスマホもみんなが持つようになったので最新の求人情報探しが気軽にできるようになっています。

お昼や小休憩の間にも情報をチェックすることができるようになったので隙間時間を利用しているという人も多いかもしれません。

質の高い情報を得るには登録会社の担当者と信頼関係を築いておくことも必要です。

条件など大切なことを伝えておくのはもちろんですがさらに誰にも負けない熱意を売りこんでいけばタイミング良く仕事を紹介してもらえるかもしれません。

派遣会社のクチコミや評判をまとめたサイトを見て回ると、安定した大企業ということで人気のリクルートスタッフィングに実績数が多くサポートもしっかりしてくれるというアデコ、満足度の高いサポートが評価されたテンプスタッフなどが名前を連ねています。

実際登録の際には取引企業や実績の多さだけではなく仕事紹介までのスピード感や働きやすさに配慮してくれているかどうかも調べてみると良いでしょう。

スキルアップ研修やトラブル解決のサポートがきちんとしている会社は安心して働けると人気のようです。

派遣社員として働いている中でいつか安定した雇用契約を、と思っている方は多いでしょう。

経験談をいろいろ調べてみますと実際働いている企業での正社員登用を目指すよりも他の企業に目を向けた方が叶いやすいと考える人が多いようです。

雇う側から考えると少し見てわかるような抜きんでた実力を持っているなど他に逃したくないような人材でなければ雇用形態を変えるメリットがないということなのでしょう。

可能性としてはゼロではないのですが難しいことなのかもしれませんね。

働き方として派遣という選択をする場合にはまず登録のために人材会社と連絡を取りお仕事を紹介してもらえるスタッフにならなくてはなりません。

事前予約が必須ですがいくつか注意点があります。

予約は確実に時間がとれる日時で決めます。

当然ながら遅刻はNGです。

もし時間に間に合わなそうになったら必ずその旨を連絡しましょう。

仕事を任せるに足る信頼は自分で得ていく必要があります。

当日は面談をしたり一般的なスキルテストをしたりするとのこと。

それらをもとにぴったりの仕事を選んでもらえるわけですね。

世の中には2chで情報収集をするという人もいると思います。

経験者などの忌憚のない意見が飛び交う場所でもあるので初めて知ることもきっとあるでしょう。

当然ながら全部が全部真実なわけではありませんがひとつの判断材料にはなることでしょう。

派遣会社の情報が書かれている板を見ていくと常時率直な意見や情報を募っているようです。

しかしややもすると悪い話ばかりが集まりやすい場所でもあります。

自分が知る良い情報によりわざわざライバルを増やしかねないわけですから。

疑いながら読むくらいがちょうど良いのかもしれません。

数ある派遣会社の中では事務職に強いところや有名企業との取引が多いところなどそれぞれの会社によって得意分野が異なるようです。

それらを自由に比較しながらおすすめの会社を載せているサイトなどもあってどの会社に登録するか選ぶときにも参考にできるかと思います。

トラブル等のサポートや取引する企業の多さ、登録スタッフが満足して働いているのかなど会社選択の際ポイントとなる点は多くあります。

最初に自分が最も重要視する条件を明確にしておけば迷いも少なくなるでしょう。

いざ働こうというときに派遣社員は福利厚生がひとつ気になるポイントとして挙げられるでしょう。

特に雇用期間があらかじめ決められた中での就業なので働き方として安定していないと評されることもあります。

これが一つの大きな要因となり待遇に関しても否定的な印象を持つ人が少なくないのかもしれません。

実際のところは健康保険や厚生年金などそれぞれ保障されていて条件を満たせば適切に加入する必要があるものなのです。

多くは就業先企業ではなく登録会社にて社会保険に加入します。

きちんと条件を確認し安心して働きたいですね。

実は派遣の求人には数が多い時期と少ない時期があるというのです。

年度初めに就業するための案件が一番多いそうなので即ちそれらが出る3月や9月に集中して数が増えるわけです。

ただ実際に探した経験のある人のお話ですとかえって好条件が集まりやすい1月や2月も狙い目なのだとか。

新年度に始まる案件は希望する人も多くライバルも増え加えて新卒採用もあることを考えると厳しい一面も。

とはいえどんなときでも早めに準備を始めれば落ち着いて活動もできるので会社の登録手続きなどは優先的に行っておきましょう。

関連ページ